シネマプラス

新着情報

株式会社シネマプラス(取締役社長:折坂哲郎、本社:東京都中央区 以下、シネマプラス)は、このたび、松竹株式会社(取締役社長:迫本淳一、本社:東京都中央区)、東宝株式会社(取締役社長:高井英幸、本社:東京都千代田区)、角川映画株式会社(取締役社長:土橋壽男、本社:東京都千代田区)の映画大手各社、及び先般日活株式会社を買収した株式会社インデックス(取締役社長:小川善美、本社:東京都世田谷区)等に対し、第3者割当増資等を実施いたしました。

シネマプラスは、本年9月、東映株式会社(取締役社長:岡田剛、本社:東京都中央区)が、株式会社野村総合研究所(取締役社長:藤沼彰久、本社:東京都千代田区)などと共同で、病院・高齢者施設・ホテル・寮等へのVOD(ビデオ・オン・デマンド)サービスによる映像配信を行う会社として、設立されました。今般の増資等により、コンテンツホルダーが運営する映像配信会社としての性格をより強くするものとなりました。

シネマプラスは、来年2月より、全国各地で、本格サービスをスタートいたします。今般の映画各社の資本参加により、コンテンツの更なる充実をはかり、サービスの普及を強力に推進してまいります。

Gyao NEXT

「IP-TV」

主にブロードバンド回線を利用し、IP 網を使って様々な映像コンテンツをテレビで視聴することができるサービス。

「H.264」

MPEG系圧縮技術の一種で、通信技術の標準化を担うITU-T(国際電気通信連合・電気通信標準化セクタ)とISO(国際標準化機構)が共同で標準化を推進中。データ圧縮率は、MPEG2の2~3倍とされ、理論上は現行のDVDディスクの画質を保ちつつ、同じ容量で2倍以上の時間の映像を保存可能。映画などの動画コンテンツや携帯機器向けの圧縮技術として幅広く利用されている。シネマプラスでは、2006年4月の営業開始当初より、業界に先駆け、H.264にて、サービスの提供を行っております。